アパート経営で成功するために重要なポイントを紹介していきます

最近は、サラリーマンやOLでもアパート経営をする人が増えてきています。このような時代の流れになった理由は、不景気だからです。高度経済成長期のように将来的に年収が増えることが約束されているのであればわざわざ本業を持っている人がアパート経営をする必要はありませんが、将来的な不安を感じているため投資をしようとする傾向が増えてきました。アパート経営の特徴は、マンション経営と異なり、1棟丸々購入しなければならない点です。マンションのように一部屋だけ購入するわけにはいきません。このような特徴があるため、アパートを経営する場合には慎重になる必要があります。サラリーマンやOLでもできるアパートの経営で成功するのに必要なことは何かを事前にしておくことが重要です。

自己資金をどのように手に入れるか

アパートの経営で一番の問題は、自己資金を手に入れることでしょう。あふれるほどに貯金があれば問題ありませんが、そうでなければ、お金の問題は非常に大きな問題です。お金がない場合は、借りるのが一番でしょう。このとき注意をしたいのは、全額借りようとしたいことです。全額お金を借りてアパートを経営するのはリスクが大きくなってしまいます。できれば5割は自分のお金を用意した方がよいでしょう。経営するとき、常にプラスになるとは限りません。プラスになるとしても、マイナスの時期を経ながらプラスになることも多いです。そのような現実を前にすると、自己資金の割合が高いほど負担が少なくなり成功しやすいと言えます。一般的に空室率は3割以内に抑えなければいけませんので、それが実現可能なアパートを借りることです。

管理会社との関係がとてもと重要

アパート経営をする前の段階で管理会社を決めておく必要があります。もし、定年後にある程度時間があり完全にアパートを管理することができるならば問題ありませんが、副業としてアパートの経営をする場合は自分で細かいところまで管理をすることが難しく、どうしても人に任せざるを得ません。このようなときに、管理会社にお願いをすることになりますが、しっかりとした管理ができる会社であれば入居者の数も増えます。しっかりとした管理をしてくれる管理会社は、運任せで選ぶわけにも行きません。選ぶ方法は、口コミで評判を参考にすることです。この時にインターネットの情報だけではなく、実際にアパートの経営をしている人に訊いてみるとよいでしょう。また管理会社と直接話しをして、他社の評判を聞いてみると分かりやすいです。他社のことをよく言う業者であれば問題ないと言えます。