知らなくては始められないアパート経営を始める方法

今後日本では年金の受給額が減らされたり受給年齢が引き上げられたする可能性がありますので、老後の生活資金に不安を持つ方も少なくありません。また、サラリーマンの方の中にもお給料以外に副収入を得る方法を探している方も少なくありません。これまで不動産投資というと一部の資産家の方が資産運用や相続税対策として行っているケースが多いものでしたが、最近では一般の企業にお勤めのサラリーマンでもアパート経営を始める方が増えています。不動産投資をする上では知っておくべきことがいくつかありますので、少額ではない金額を投資する上で、始める前に不動産の知識や資産運用方法を知っておくことはとても重要です。知らずにリスクを多く取り、損失を出さないように気を付けましょう。

最近人気のアパートの一括借り上げ

アパート経営は、どのように持っているアパートを上手に運用していくかが重要になってきます。まず、毎日の保守点検やメンテナンス、入居者の探し方まで自分で行うのか、不動産会社に委託するのかなど色々な手法を取ることが出来ます。まず、最近人気が出ている方法が一括借り上げです。オーナー側はアパートの部屋を全て不動産会社に貸し出し、不動産会社が入居者を探したり、メンテナンスをしたりしてくれます。また、空き室が出てしまったとしても、毎月不動産会社は一定額の金額をオーナー側との契約で支払ってくれますので、オーナー側にとってはリスクが少なく、自分で入居者を探す手間も省けますので、負担は減ります。ただし、自分で入居者の選定、契約、メンテナンスを全て行う訳ではないので不動産会社に一定額手数料や管理料を支払わなければなりません。

不動産会社はアパート経営のプロ

これまでサラリーマンで不動産とは無縁の業界でお仕事をされてきた場合、不動産の用語や契約の仕方などが全く分からない状態でアパートの運営、経営を全て行うというのはリスクが高いと言えます。その点、不動産会社は不動産のプロであり、多くのアパートの運営状態を見てきている訳ですので、経営のノウハウを持っています。一から全て自分一人で行うよりも、プロのアドバイスを受けてみることは需要です。アパートの一括買い上げ以外にも、業務委託で毎月の掃除やメンテナンスだけをお願いしたり、入居者の募集だけを不動産会社にお願いしたりする方法もありますので、自分の目指すアパート経営のスタイルを明確にして、どの部分を自分で行うのか、どの部分をプロに手伝ってもらうのかをはっきりさせておくようにしましょう。